コウモリの生態

コウモリの生態 コウモリの生態 コウモリの生態

コウモリ

種類 アブラコウモリ(翼手目ヒナコウモリ科アブラコウモリ属)
体長 約4~6cm
翼長 約18~24cm
体重 約5~10g
寿命 オス:3年
メス:5年
交尾期 10~11月
妊娠期間 約70日
産仔数 1~3頭
冬眠 11月中旬~3月下旬
食性 ・雑食性
・小型の昆虫類を主食とする
・ウンカ、甲虫なども捕食する
・水面上や田畑などを不規則に飛び回り、飛翔昆虫を捕食する
行動 夜行性

コウモリの特徴

  • 主に木造の建物のすき間をねぐらにしているためイエコウモリとも呼ばれている
  • 黒褐色、暗灰褐色系の体毛をもつ
  • 家屋を隠れ家にし、群れで暮らしている
  • 行動するのは日没後
  • 都市近郊にも多く見られるが、逆に山間部など家屋のない森林内には生息しない
  • 2cm弱ほどの隙間を抜けることができる
※コウモリは野生動物で、鳥獣保護法(鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律)により保護されており、みだりに捕獲等を行うことができません。

▲ページトップ